このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様の声

─都島葬祭について教えてください。

当社は大阪の都島で昭和20年に創業しました。それから、すでに70年を越える歴史を有する葬儀社として地元の皆様にご愛顧いただいています。当社の最大の特徴は、寝台車でのお迎えから葬儀後のアフターフォローにいたるまで、専任の担当者が最後までトータルサポートしている点です。亡くなられた方はもちろん、残された遺族の方のことまで考えた最善のご葬儀を責任持って取り仕切るために、例えば、それぞれの名刺に自分で考えた「お客様へのお約束」を書くなど、誠心誠意を持ってご葬儀を施行させていただいています。また、ご遺族の方が心安らかに過ごせるようにと市内の各店舗で特典が受けられるようにした「コスモスクラブ」を運営したり、年に1度、都島を流れる大川の掃除に協力したりするなど、地元の企業として地域の方々のご愛顧に少しでも何か還元できるように努めています。

─葬儀レビをご利用されたきっかけは?

今から1年ほど前に参加させていただきました。やはり社会の流れとして、スマートフォンやタブレット端末が急速に普及していて、ご葬儀をする際にもWEBを利用されて葬儀社を探される方が増えています。ですから、ポータルサイトに登録させていただいた方がいいだろうということで葬儀レビさんに連絡させていただきました。

─ご提携いただく前にWEB戦略でやられていたことは?

自社のHPはもちろん立ち上げていましたが、御社を含めていくつかのポータルサイトに登録させていただいてもいました。ただ、どちらかというと、地元で長くやっていますので、実際に対面でのお付き合いという方が多いこともあって、特に戦略的に力を注いでいたかと聞かれますと、一般的な情報発信程度だったと思います。

衣笠様がおっしゃる「コスモスクラブ」は、入会金が1万円で
現在約900人の会員がいらっしゃいます。その入会金は、
全て発展途上国の子どものワクチン費用として寄付されている
そうです。都島葬祭様は、創業して70年に渡り、こうした
“人と人のつながり”を大切にし、活動に取り組んできた
ご地域に根付く葬儀会社です。

─葬儀レビをご利用いただいてメリットはありますか?

実際の施行に結びついているのは月2~3件ぐらいですが、葬儀レビを通してのお問い合わせの件数は、かなりあります。特に葬儀レビの場合、手数料は発生ベースなので、会社としての負担も小さいこともメリットです。そして何よりも、まず都島葬祭という会社があることを知ってもらうきっかけづくりになっていますから、それとてもは大きな価値だと言えます。

─手数料や広告費に関してどう考えていますか?

ポータルサイトに加入してなくても、一定の広告宣伝費は必要です。そういった意味で、手数料も広告で宣伝費の一環と考えれば手数料を支払うことに抵抗はありません。特にWEBに関して言えば、その道のプロが運営されているところが山ほどあるわけですから、そういった先に自分たちだけで立ち向かうのは大きなリスクになるはずです。しかし葬儀レビにまかせれば、そうした心配がなく、必要経費である仲介手数料をお支払いした上で運営をお願いすればいいのですから、特に問題として考えたこともないというのが本当のところです。

─葬儀レビをご利用いただいて結果はどうですか?

先ほども言いましたように、月に平均して2~3件の施行の紹介がありますから、売上に貢献していただいていることは、まず間違いありません。また、今回のインタビューのように別の形で当社のことを紹介していただけるのですから感謝しています。

─今後、ご提携を考えられている方へメッセージをお願いします。

当社は都島で70年以上に渡った営業をしてきましたが、地元で行われるご葬儀を100%請け負っているわけではありません。しかし、他社がやられるご葬儀を拝見して、時に全く都島を知らず、単に「価格が安い」「近くにあった」などの理由だけで、こちらに来られて施行される業者さんの中には、ご遺族の意向が反映されていないように感じるものもあります。そうしたご葬儀をされるお客様に対して、WEBを通じて「都島には『都島葬祭』という葬儀社がある」と知っていただいて、とにかくご相談のきっかけづくりになっています。そういった意味で葬儀レビは、とても有効なツールだと思います。実際に葬儀レビを通して当社で施行されるお客様は、葬儀レビが無ければ、私どもが施行することが無かったはずですから、そうした出会いを生み出す価値を考えても、参加されてみては如何でしょうか。

─貴重なお話ありがとうございました!

何よりも地元を愛し、お客様のニーズを最優先して多様な
ご希望にお応えできる様に努力をされている都島葬祭様。
まずは奉仕の精神を持って接客に当たるという、その姿勢は、
WEBという媒体であっても忘れてはならないことだと感じました。
そうした声に答えるためにも、これからも葬儀レビが
出来ることを考え、そして実現していきたいと思います。(秋田)
無料相談をお試しください。

無料電話相談:03-5155-1621

メール無料相談

TOPへ戻る