このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様の声

─総合葬祭二葉について教えてください。

元々ギフト屋で8年ほどやっていたのですが、ある時、同じ業種の人にヘッドハンティングされたんです。この仕事はすぐダメになってしまったのですが、後からその会社の会長が、別に葬儀社をやっていることを知ったのですが、その会長に葬儀の部門へ誘われたのがきっかけで葬儀の方に関わることになりました。

HPにも書いていますが、客観的に見て、葬儀社が実は嫌いでした。表裏のある仕事だと思っていたので。正直、それまで知り合った葬儀社さんの中で、いいと思える人がいなかったことが大きかったこともあります。葬儀社に偏見は持ち続けていましたが、その会長の顔を立てるためにも、葬儀をやっていくことに決めました。

しかし、葬儀を行う中で、一方的な押し付けを多く感じるようになりました。具体的には、ご家族がどういった風にお葬儀を行うかというのではなく、自分たちのプランに全てを合わせて貰うという感じだったので、そこに矛盾を感じたわけです。自分ならこの部分はこうするのにと感じることが多くなり、自分の思ったことができるという点で独立を決めました。

個人的な想いが強くあるのですが、お葬儀までに、ご家族と顔を合わせる機会を多くする必要があると思っています。ご家族とコミュニケーションを取ることが大事なんです。お葬儀までに何回か顔を合わせていくことによって、僕がいることに安心してくれるようになるんです。だから、気兼ねなく何か言ってきて頂いたり、僕がその場にいるからといって格好付ける必要もないわけです。泣きたい時に泣いてくれるような存在になれればと思っています。そういう姿勢なので、お葬儀が終わってからもお付き合いする家族みたいなお客様がうちには多いです。時々ですが、縁があったご家族の方の近くを通る時、手土産を持って寄って行くこともあります。やはり何か気になるんですよね。葬儀の後どうしてるかなと。このような関係が続くことは、他の葬儀社に比べると多いかもしれませんね。二葉はそういうサービス提供をしている会社です。

─ご提携いただく前にWEB戦略でやられていたことは?

元々あったHPの他にもSEO対策の一環として、自分達でブログを作ったりもしていました。画像の編集やイラスト作りなども自分でやりましたしね。知り合いにあるツールを使えば自社のHPの修正も出来ると聞いてからは、ど素人ながら色々触れるようになり、時間を見つけてはHPの内容を自分で作っていました。

―葬儀レビに登録されていたのはいつぐらいでしたか?

ちょうど2年くらいになります。HPの制作を当初は外注していたのですが、結局は最終的に自分たちでやらなければダメだということに気づきました。もちろん、大きい会社は別かもしれませんが。後から分かることが多いので後から付け足してということが多く、時間が掛かり、何より切りがありませんでした。だから、HP以外の所から葬儀の依頼が入るという点で、レビさんに登録したという所があります。電話で即登録させるのではなく、メールから取っ掛かりやすくして頂いていたのも登録のポイントでしたね。

─葬儀レビをご利用いただいてメリットはありますか?

登録当初はほとんどなかったんですが、急激に増えましたね。「最近レビさんの問い合わせがすごいよね」というような話が社内で出たりもしていました。利用の感想は、うちがお付き合いさせて貰っている中で、紹介件数がトップクラスですね。

レビさんと他の所を比べると、それぞれに色々なカラーがあることがわかります。HPの作り方には、作り手の想いが反映されると思います。例えば細かい方だったり、価格先行だったり、まろやかな感じだったり。だけどレビさん紹介のお客様だけ、特徴がありませんでした。レビさんのHPにアクセス数が多いのは、多くの情報を提供されているからだと思います。だから割と早い段階で、ここなら葬儀社を紹介してくれると、幅広い層から目に付きやすいのではないでしょうか。安心感もあり、1番上手いのではないかと思います。色々なタイプの方を紹介して頂けるのは、レビさんぐらいです。

―貴重なお話ありがとうございました!

自社の都合を優先するのではなく、何よりお客様との密なコミュニケーションを大切にしているという後藤社長。
葬儀後にお客様のご自宅に手土産を持っていくことがある、というエピソードが象徴するように、本当の家族のようにお客様と接してこられた事に感銘を受けました。葬儀レビ登録後、「葬儀が急に増えた」とおっしゃられていましたが、それは決して偶然ではなく、そういう想いがお客様にしっかりと伝わったものだと確信しています! 葬儀業界の発展のため、これからも我々が、出来る限りのサポートをさせていただきます!!(秋田)
無料相談をお試しください。

無料電話相談:03-5155-1621

メール無料相談

TOPへ戻る